草むしりと庭木の伐採、剪定を怠ってはいけない〜空き巣を寄せ付ける家〜

犯罪から家を守る庭の手入れ~明るい庭づくりを心掛ける~

空き巣が好む家の特徴

自宅の庭の手入れが行き届いていないと、外観を損ねるだけでなく、空き巣に狙われる恐れがあります。家の構造はもちろんの事、草むしりなどの手入れをしておらず、伸びすぎた雑草や大きくなりすぎた庭木があるだけで犯罪に遭う確率が高くなるので、確認しておきましょう。 "

空き巣被害者達から学ぶ防犯対策〜口コミ体験談〜

庭木の剪定や木の伐採、草むしりを放置したことで空き巣被害に遭った人はたくさんいます。ここで被害者の口コミを紹介するので、実際の被害の様子を聞いて、今一度庭の手入れによる防犯の重要性を再認識しましょう。

まさか木を伝って侵入するとは思いませんでした。(30代/男性)

私の家は道路に面しているのですが、庭に生えた木の伐採をしていなかったために、空き巣が木を登って二階のベランダから侵入してきました。犯人が捕まった後は急いで業者に木の伐採と草むしりを依頼して防犯対策をしました。

庭木が陰になっていたようです。(30代/女性)

以前空き巣に現金を盗まれたことがあります。一戸建てに住んでいるのですが、玄関からピッキングで侵入したらしいです。警察の話では庭木が陰になっていたようでした。反省して、庭木の剪定はこまめに行なうようにしています。

家電を盗まれて悔しい思いをしました。(30代/男性)

空き巣に二階にあった家電を盗まれました。高い塀もないのにどうやって登ったのかと思ったら、剪定をしていない庭木の枝を足掛かりにしたようです。私と同じ思いをしたくないなら庭木の剪定や草むしりはしっかりやった方が良いですよ。

TOPボタン